若ハゲ日記

キラキラ系女子はヤリチンにしかモテない説

 

f:id:wakahage_diary:20161029194610j:plain

 

ツイッターやインスタグラムが登場して急速に増えたのが
リア充アピールをためらいもなくする女子=キラキラ系女子です。

 

キラキラ系女子とは...

 

・生産性のない女子会のときの写真
・英語はわからないが洋楽を聴いてクラブで盛り上がっているときの写真
・リムジンで女子会しているときの写真
・それほど仲のよくない友達の誕生日を祝ってるときの写真
・ハロウィンで男ウケを狙ったコスプレをしているときの写真

 

などなどをインスタグラムやツイッターに投稿する女性のことをいいます。

キラキラ系女子がヤリチンにしかモテない理由は

 

・尻軽そうに見られる
・付き合うと面倒くさい女のイメージがある
・テンションが高めなのでノリでなんとかできそう

 

尻軽そうに見られる

 

キラキラ系女子は男性からすればガードの低い女のイメージがあります。
その分男から声はかけられやすいですが、


付き合ったとしても大事にされない可能性が高いです。
男は尻の軽い女と付き合っても浮気されるリスクマネジメントとして、


付き合っているときから他の女を探し始めます。
よって他の女を見つける能力に長けたヤリチンが近寄ってくるのです。

 

付き合うと面倒くさい女のイメージがある

 

日頃から遊びにでかけている女は男からすると、


"付き合ってから色々なところに連れて行かないといけない"


という強迫観念を持ってしまいます。


付き合うのは面倒くさいけど1回ヤルだけなら...っと考え、
ヤリチンが狙ってくるのです。

 

テンションが高めなのでノリでなんとかできそう

 

キラキラ系女子のウリといえばテンション高めのノリです。
これは男ウケが非常に良くモテる要素でもありますが、


ノリが良ければ良いほど男からすると


"ノリだけで最後までできるんじゃないかな?"


っとヤリチン男は考えてしまいます。


男からモテるにはノリの良さも大事ですが、
変な男にはつかまらないようにしましょう。

まとめ

 

書いている途中に思ったのですが、
私の想像するキラキラ系女子は世間一般でいうパリピ系女子に近いかもしれません。


まぁどちらもにたようなものなので問題ないでしょう。
キラキラ系女子の皆さんは変な男に狙われないよう気を付けましょう。

 

緊張を一瞬でほぐすたった1つの言葉

 

 

f:id:wakahage_diary:20161017160715j:plain

 

 

大事な場面になるほど緊張して肩に力が入って、
普段どおりにできない人って結構多いですよね。

 

私も極度のあがり症なので、

 

「いつもどおりにできたらな〜」

 

っと悔やむことがたくさんありました。

 

面接でうまく自分をアピールできなかったり
商談で言葉がでてこなかったり
デートで会話が弾まなかったり

 

こんな失敗を幾度と繰り返してきました。
緊張なんかのせいで悔しい思いをするのはもう嫌!!

 

そう思った私は緊張を一瞬で消し去る方法を開発しました。

 

ショートコント

 

私が考えた緊張緩和の方法は
心の中で"ショートコント"っと叫ぶことです。

 

例えば「面接」「商談」「デート」などなどの場面において

 

ショートコント面接
ショートコント商談
ショートコントデート

 

心の中で"ショートコント"と叫んで、
自分で自分にこれはショートコントだと暗示をかけるのです。

 

すると...

 

"な〜んだショートコントか..楽勝じゃん!!"

 

こんな風に考えれば緊張なんてバカらしく思えてしまいます。
ショートコントだと思えれば自分をアピールしつつ笑いも積極的に狙いにいけます。

 

まとめ

 

この自己催眠を開発してから緊張しすぎで失敗することなんてなくなりました。
緊張で本番に実力が発揮されないなんて本当に悔しいですよね。

 

自分を追い込むために適度な緊張は必要かもしれませんが、
追い込みすぎて本番で実力がだせないと本末転倒です。

 

緊張解くためのコツは本気でショートコントだと自分に思い込ませることです。
心の中で何も考えず"ショートコント"と叫んでも意味はありません。

 

本気でこれはショートコントだと思い込むのです。
緊張しやすい人は思い込みすぎるぐらいがちょうどいい。

 

ショートコントは緊張を解く魔法の言葉です。
手のひらに"人"という文字を書いて飲み込んでも意味ないですよ。

 

 

"続ける美学"よりも"やめる勇気"が必要

 

 

f:id:wakahage_diary:20161017125539j:plain

 

 

日本人は"やめる勇気"を忘れている

 

世間で話題になっている電通過労死事件

 

headlines.yahoo.co.jp

 

長時間労働、パワハラなどなど
仕事関係で心身ともに限界の状態になったのですが、

 

私みたいなFラン大学卒業した
社会のヒエラルキー最下層住民の私からすれば、

 

嫌だったらやめればイイじゃん!!(・ω<) テヘペロ

 

って思ってしまいますがエリートは違う、
子供の頃から一生懸命マジメに勉強して親の言うことはしっかり守って

 

地元で一番賢い高校に進学して偏差値67以上の賢い大学で、
そこそこキャンパスライフを楽しみつつ人気企業に就職する。

 

まさにエリートの中のエリートの頭の中はきっとこんな風に考えていたでしょう。

 

"会社を辞めたら社会不適合者の烙印を押される"
"今までの苦労が全部水の泡になって人生終わり"

 

人生のレールからハズレたことのないエリートは
レールの上からハズレた瞬間に人生が終わると考えているのでしょう。

 

続ける美学の洗脳

 

それはきっと幼い頃から親や先生こんな感じで洗脳されたのです。
「我慢は大事」「続けることに意味がある」「石の上にも三年」

 

言ってることは間違っていませんが大事な部分が抜けています。
それは"自分に適した分野"という前提条件です。

 

自分に適した分野での我慢は大事
自分に適した分野なら続ける意味がある
自分に適した分野なら三年は続けよう

 

自分に子供ができたら必ずこんな風に教えますね。
っで結局一番言いたいことは...

 

自分に向いてなかったらサクッとやめよう

 

っということです!!

 

向いてないことに時間を割くのは
喧嘩童貞の人が亀田興毅に試合を挑むぐらい馬鹿げたことです。

 

なんか日本人って続ける美学は重視するクセに
やめることの美学は誰も教えませんよね。

 

ジョブスの名言

 

やめることの美学について私だと説得力がないので、
スティーブジョブズの名言を借ります。

 

"何かを捨てないと前に進めない"

 

あぁやっぱりジョブズ最高ですね。

 

まとめ

 

ちなみに私も新卒入社の会社を半年で辞めてます。
理由は仕事にやりがいを感じれないし上司ともソリが合わないかったからです。

 

私の場合は辞めることになんのためらいもありませんでした。
今よりもっと楽しい仕事や日常が待っているっと思っていたからです。

 

しかし辞めることを親や友達に報告すると、
「もったいない」「ヤバくない!?」「人生終わったな」

 

っと批判殺到、罵詈雑言をシャワーのごとく浴びせられました。
でもそんな声に耳を傾けず辞めちゃいました。

 

迷ったときは周りの無責任な固定概念の意見に流されず、
自分で考えた答えを信じるようにしました。

 

自分のだした答えが正解か否かはわかりませんが、
今は新卒で働いていた頃よりも幸せです。

 

毎日辛い日々を過ごしてる皆さん、
早速明日から何かやめてみましょう。

性格の悪い女を簡単に見極める4つの裏ワザ

 

f:id:wakahage_diary:20161016215820j:plain

 


「大人しそうで性格良さそう」

と思っても女はどんな本性を隠しているかわかりません。

 

実際に性格の良さそうな女の子と付き合って、
痛い目を見た経験のある人も多いです。

 

女の性格を見極める4つのポイントがあるので、
気になる女の子がいたらぜひチェックしてください。

 

TwitterやFacebookに連続投稿する女

 

f:id:wakahage_diary:20161016215903p:plain

 

危険度:★★★★★

 

SNSに頻繁に投稿する女は危険度マックスです。
つながりを求める女はメンヘラもしくはかまってちゃんです。

 

これに当てはまる女は付き合う前はイイ女でも、
付き合ってから非常に面倒になります。

 

なぜならメンヘラやカマトトは猫を被るのが上手だからです。
あの手この手を使って男の目を騙してきます。

 

自分のことを下の名前で呼ぶ女

 

f:id:wakahage_diary:20161016220004j:plain

 

危険度:★★★★

 

女性にありがちな自分のことを自分の下の名前で呼ぶ女です。
これに当てはまる女はぶりっこかカマトトです。

 

一人称を自分の名前で呼ぶ女は自分のことを可愛いと認識しているので、
男に対する要求も高くなり高価なプレゼントなどをねだられます。

 

ただ難しいのは小さい頃から一人称を自分の名前で呼び、
そのなごりで自然に今でも自分のことを下の名前で呼ぶ女性もいることです。

 

つまりぶりっこやカマトトではない女性もいる可能性があります。
これを見極めるにはその人と仲良くなって判断するしかありません。

 

自撮りをLINEのアイコンにしている女

 

f:id:wakahage_diary:20161016220036j:plain

 

危険度:★★★

 

これも結構いますよね〜。
なかでも一番ヤバいのはプリクラで友達とのツーショットの画像です。

 

女がプリクラツーショットの画像をアイコンにする場合は
自分より可愛くない女を横に置いて自分の可愛さをより際立たせるためです。

 

ツーショットをLINEのアイコンにしている女の画像をもう一度見てください。
本人の方が可愛くて友達の方がブサイクでしょ。

 

これは性悪女の動かぬ証拠になります。
自分単品で写ってる画像をアイコンにしている方がまだマシです。

 

この女だけには引っかからないようにしましょう。

 

変顔でブリっこする女

 

f:id:wakahage_diary:20161016220102j:plain

 

危険度:★★

 

女同士で変顔して写真を撮るときってありますよね。
そんなときに本気で変顔しない女は危険です。

 

なぜなら本気で変顔をしない女は本性を隠して、
裏の顔をもっているからです。

 

友達として接しているときは優しくても、
付き合ったらトンデモナイ性悪女になることも...

 

本気で変顔をしないのはブサイクな顔を見られたくないという
女心の可能性もありますが、

 

性悪の可能性も否めません。
私はこのこれに当てはまる女は絶対スルーします。

 


まとめ

 

気になる女の子はいくつ当てはまりましたか?

当てはまった数での危険度がこちらです↓

 

全部・・・性悪最悪系女子
3つ・・・性悪系女子
2つ・・・ちょいワル系女子
1つ・・・いい感じ系女子
該当なし・性格良いマリア系女子

 

もし全部当てはまるなら絶対その女は避けるべきです。
付き合えるボーダーは1つか2つぐらいの女でしょう。

【金持ちしか使えない】高価格低サービスアプリ

 

f:id:wakahage_diary:20161016170215j:plain

 

こんなの誰が使うんじゃ!!

 

と言いたくなるようなアプリを見つけたので2つ紹介します。

 

Rich Kids

 

お金持ちバージョンのインスタグラムです。
なんと月額10万円の超高額アプリです。

 

アプリをインストールして見るのは無料で、
投稿するには毎月10万円支払わなければなりません。

実際に投稿されてる画像↓

 

f:id:wakahage_diary:20161016165657p:plain

 

f:id:wakahage_diary:20161016165826p:plain

 

f:id:wakahage_diary:20161016165900p:plain

 

このアプリのユーザーは自己顕示欲の強そうなセレブ達の写真が中心です。
給料日にハーゲンダッツを食べるのが楽しみの若ハゲ太郎とは異次元の世界です。

 

毎月10万円もアプリに使える余裕のある人間は大金持ちぐらいですよね。
正直...羨ましい。

 

自分がなんてちっぽけな世界に住んでいるのだろう
っと心が病んでしまう可能性が高いので閲覧する際は

 

心身ともに健康状態で見るようにしてください。
なんか次の日から会社に行く気が失せますね。

 

Most Expensive App

 

f:id:wakahage_diary:20161016165948p:plain

 

このアプリはインストールするのに4万4千円もします。
今のところ最高値のアプリになります。

 

4万4千円もするアプリきっと素晴らしい機能が備わってるハズ...
そう思ってアプリの説明欄を見てみると、

 

ダイヤモンドが表示されるだけ..

 

ここまで期待を裏切ってくれるアプリが今まであったでしょうか?
このアプリにとって機能性などどうでもいいのです。

 

インストールしてお金持ちだということを自慢できればいいのです。

 

まとめ

 

私はこの2つのアプリを見つけてサービスの概念を覆されました。
サービスと言えば以下の2つのように考えていました。

 

「低価格+低サービス」
「高価格+高サービス」

 

しかし発想豊かなアプリ開発者の考えは違います。

 

「高価格+低サービス」

 

こんな組み合わせを考えたこと一度もありませんでした。
(低サービスと評価するのは失礼かもしれませんが..笑)

 

良いものを少しでも安くをモットーに生きている、
貧乏人の私には一生思いつかないアイデアです。

 

考え方、発想を見直すいいキッカケになりました。