若ハゲ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲの復讐〜ハゲを馬鹿にした奴を駆逐する〜

f:id:wakahage_diary:20161005151234p:plain

 

私はハゲてます。

そんな私の人生は何度もハゲを馬鹿にされてきました。

 

ハゲを馬鹿にしてくる奴は
闇金ウシジマくんのようなバッドエンドの人生になることを願いっています。

 

これまでハゲを馬鹿にしたことのある人にはこう言いたい。

 

「ハゲを馬鹿にされてハゲも黙っていません。」


実際に私がこれまでしてきた、
ハゲを馬鹿にしてきた奴らに対する復讐のやり方を教えます。

 

方法1.ディスり返す

 

目には目を歯には歯をです。
馬鹿にされたら馬鹿にし返すのが流儀です。

 

例えばこんな感じで...

 

「ハゲは性欲が強い。子孫繁栄の観点から言えば君たちよりスペックが上、
人類に貢献してるよ。」

 

「君はハゲを欠点だととらえる、僕はハゲを個性だととらえる。
あっ、君には理解できないよね。」

 

「髪の毛の本数で人の価値は決まらない。初等教育からやり直したら?」

 

f:id:wakahage_diary:20161005152012p:plain

 

などなど
かなりケンカ腰で反論します。

 

ハゲを馬鹿にしてきた奴らが二度と同じあやまちをしないように、
徹底的に論破してやりましょう。

方法2.間違ったハゲ情報を教える

 

これは嘘の情報を与えて相手をハゲにしようという長期計画の復讐です。

 

「ハゲないためにはシャンプーは大量に使って、すすぎは適当でいいよ」

「風呂上がりはドライヤーで熱風をずっとあてるとハゲないらしいよ」

 

どちらも実際に続けておこなうとハゲてしまう情報です。
ただハゲが言ってるので説得力がないのが欠点。

 

「俺ハゲだけど、これ以上ハゲないために髪に関する知識は詳しいよ。」

 

この前置きを言って相手の信頼を得ましょう。
そうすればきっと信じてくれるはずです。

方法3.相手の髪の毛をむしる

 

もう最後は武力行使です。
髪の毛をむしって相手にハゲの気持ちを理解させましょう。

 

ケンカにならないように相手は選んでやりましょう。
仲のいい相手と冗談まじりでやるのがベストです。

 

これを読んだハゲのあなた黙っているだけでは変わりません。
ハゲを馬鹿にされたらすぐに反撃しましょう。
ではでは。