若ハゲ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【即実践】人見知りでも友達100人つくる4つの方法

 

f:id:wakahage_diary:20161009214501p:plain

 

ネットやスマホの普及で今は人見知り、
コミュ障の人が爆増中らしいですね。

 

ゆとり世代生まれ一人っ子育ちの私は極度の人見知りです。
私は24年間生きてきてやっと人見知りでも友達のつくり方がわかりました。

 

人見知りで友達ができなくて困っているあなた、
これを読んで友達100人つくってお山の上でおにぎり食べましょう。

 

嫌われてもいいという勇気を持つ

 

f:id:wakahage_diary:20161009214523j:plain

 

人見知りの原因のほとんどは嫌われたらどうしよう...
という心配からきています。

 

人に嫌われたくないと思うほど避けに人と話せなくなる。
そんな負のループに入ってしまうの一生人見知りをなおすことはできません。

 

「別に人に嫌われてもいいよ。元々好かれてないし」

 

↑こんな軽い気持ちで人と接することが重要です。
そうです、知らない人に嫌われたところで何のデメリットもありません。
だって元々好かれてないから。

 

自虐ネタを持つ

 

f:id:wakahage_diary:20161009214644j:plain

 

自虐ネタを持つことで私は友達が飛躍的に増えました。
自慢話は嫌われますが、自虐ネタは好かれます。

 

私の自虐ネタはたった2つ

 

「若ハゲ、デコ広」
「ゆとり世代生まれ一人っ子育ち」

 

ハゲとダメ人間アピールすることで笑いを狙っていました。
例えばこんな感じで...

 

「ハゲてますけどなにか!!」
「ゆとり世代一人っ子にそんな根性はない!!」

 

ギャグとして受けとってもらえると相手との距離がかなり近づきます。
初対面のときから使うのは難しいですが、

 

学校や仕事場など何度も同じ人と顔をあわせる場合は使えるテクニックです。
嘘だと思って挑戦してみてください。人生変わりますから。

 

多趣味になる

 

嫌われる勇気が持てない。自虐ネタもない..
こうなれば最終手段多趣味になることです。

 

趣味が合う人間とはすぐにうち解けることができ、
会話のネタにも困ることがありません。

 

広く浅く色々な趣味を持っておくと、
友達はできやすくなります。

 

どうしても仲良くなりたい人がいるときは
その人の趣味を自分の趣味する方法も使えます。

 

趣味が合う人とは長く深く付き合える傾向があります。

 

見た目を派手にする

 

f:id:wakahage_diary:20161009214733j:plain

 

人見知りをなおすには場数をこなして慣れする必要があります。
でも人見知りは経験を積むことが難しいのです。なぜなら...

 

経験を積もうにも人見知りは自分から話しかけることができない→
対人スキル上がらない(むしろ下降気味)→より人見知りなる

 

このループから脱却するために人と話すことが必要です。
しかし人見知りは自分から話しかけることができません。

 

なので見た目を派手にして明るい雰囲気をつくるのです。
人と虫は明るいところによく集まる習性があります。

 

ドン・キホーテに人が集まるのは夜でも明るいからです。(鬼適当)
人が集まれば自然とむこうから話かけてくれます。

 

相手から話しかけてもらって対人コミュニケーションスキルを上げましょう。

 

まとめ

 

話下手でも、人の目を見て話せなくても
友達をつくることは簡単にできます。

 

4つの方法の中で一番おすすめなのが、
自虐ネタを持つことです。

 

自虐ネタは一生使えるので、
ひとみ氏じゃなくても持っておくと便利ですよ。