若ハゲ日記

【絶対に当てはまる】一人っ子あるある9選

 

f:id:wakahage_diary:20161010153059j:plain

 

 

私の生まれた環境を軽くまとめました↓

 

最後のゆとり世代と言われた1992年に生まれ、
大阪府一人っ子育ち。

 

ゆとり世代に一人っ子育ちという鬼に金棒、
いや夢のハイブリッド型ダメ人間です。

 

50過ぎのハゲたおっさんが

 

「最近の若い奴は根性がねーなー」

 

24年間タダでその「奴」の役割をやっている若ハゲ太郎です。
そんな一人っ子の私が一人っ子あるあるをまとめたのでどうぞ!!

 

1.兄弟喧嘩に憧れる

 

一人っ子なら一度は誰でも憧れる兄弟喧嘩。
兄貴と殴り合ったり弟と殴りあうなんて青春の1ページみたいで憧れます。

兄弟喧嘩したことない一人っ子は喧嘩童貞の可能性がとても高いです。

 

 

2.一人二役で遊ぶ 

 

トランプ、オセロ、カードゲーム、将棋、囲碁
二人必要な遊びは一人でこなせる。

 

それが一人っ子なのです。
一人っ子は幼い頃から自分との戦いには慣れています。

 

3.競争心がない

 

ゆとり世代一人っ子の私はこれはものすごく当てはまります。
勝ち負けより楽しむことを重視するんですよね〜。
楽しければそれでいいそれが一人っ子です。

 

4.妙にませてる

 

小さい頃から大人に囲まれて育っているので、
どうしてもませた子供になります。

 

自分も子供ながらに周りの子供を見て、
「子供だなぁ〜」と思っていました。

今思うと嫌な子供ですね。

 

5.変に自信家

 

一人っ子は可愛がられて育ってきてるので、
何をやっても褒められて生きてきました。

 

幼少期から褒められて育った一人っ子はまさに、
「一人っ子もおだてりゃ木に登る」状態になってます。

 

ちょっと意味は違うけど..まぁ根拠のない自信はつきます。
ホリエモンだって一人っ子あの自信はきっと..

 

6.一人でいる時間が大好き

 

もうこれは鉄板です。
一人っ子は一人でいることに何の苦痛も感じません。

 

むしろ大勢でいる方が苦痛に感じます。
一人っ子とは少数精鋭で付き合いましょう。

 

7.完全なマイペース

 

一人っ子は誰かのペースに合わせることなんてありません。
マイペースを貫くそれが一人っ子です。

 

私も給食のとき食べ終わるのが一番最後でしたし、
絵や図工作品の完成はいつもビリでした。

 

なぜなら自分のペースでつくりたいからです。
一人っ子に周りと合わせろというのはナンセンスです。

 

8.一つのことを突き詰める

 

一人っ子のハマったときの集中力はズバ抜けています。
これだっ!!と感じたらそのこと以外見えなくなるのです。

これが一人っ子の恐ろしさ..

 

9.想像力と妄想力がハンパない

 

昔から一人で遊んでいたせいで想像力はケタ違い。
空想の世界で3時間も過ごしたことのあるぐらい、

 

想像力の世界で一人っ子は輝けるのです。
一人っ子にとって想像力は大事な友達。