若ハゲ日記

ハゲをコンプレックスに思ってる人は馬鹿なのか?

 

f:id:wakahage_diary:20161014133828j:plain

 

人それぞれコンプレックスがあると思います。
ハゲてる方がハゲをコンプレックスと思っている方がほとんどです。

 

20歳の頃からハゲ始めた若ハゲの私からすれば

"ハゲはコンプレックスではない"

 

ハゲをコンプレックスに感じている方にわかって欲しい。
ハゲなんて先入観や固定観念で恥ずかしいと思うだけで、

 

よくよく考えるとコンプレックスに思う必要なんてない、
ということを紹介します。

 

権威の象徴

 

ハゲは生物学的に権威の象徴とされています。
人は歳をとると共に頭頂部が薄くなるので、

 

"ハゲ=年長者"

 

という認識ができハゲてる人を見ると尊敬する、
敬うというような習慣ができたのです。

 

つまりハゲは人から本能的に尊敬される生物なのです。
なのにハゲはどうして馬鹿にされるか?

 

その理由は簡単でハゲを隠しているからです。
ハゲ隠ししているということは自分でもハゲを弱点だと認識しているからです。

 

弱点だと思っている以上他の人はその弱みにつけこまれて、
ハゲを馬鹿にしてくるのです。

 

ハゲをてることを馬鹿にされたくないと思うなら、
ハゲてることを自信を持って堂々とさらけだせば馬鹿にしてこないのです。

 

さらけだす勇気がでないのならこれだけは覚えておいてください。
"ハゲは権威の象徴"なのです。

 

 

地球温暖化に適している

 

近年の地球の温度の上昇に一番適しているの髪型はハゲです。
通気性、体温の上昇を避ける効果は抜群です。

 

最近では気温の上昇の影響でタテガミのないライオンまでいます。
ライオンは自ら進んでハゲを選びました。

 

動物たちが環境の変化に対応している中で、
どうして人間が変化に対応しないのでしょう?

 

つまりハゲは進化の最先端で髪の毛フサフサは時代遅れ、
とも考えることができます。

 

利便性

 

ハゲは利便性に優れています。
寝癖をなおす必要もなく髪型をセットする手間もいりません。

 

超お手軽便利なのがハゲの特徴です。
トイレで自分の髪型を見つめながらセットしている男性を見ると、

 

"時間の無駄だなぁ"と思うようになります。
毎日忙しいと思うのならいっそのことハゲにしてみましょう。

 

ハゲは人生を豊かにしてくれる最高の髪型です。

 

結論.ハゲは優れている

 

読んでもらえればわかると想いますが、
ハゲは色々な面で優れているのです。

 

そうハゲをコンプレックスに感じる必要なんてないのです。
もうハゲを隠すのではなくハゲをさらけだして堂々とハゲライフを楽しみましょう。