若ハゲ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【浦島太郎の教訓】悪女につかまるな!!

色々な説 やってみた

 

f:id:wakahage_diary:20161030132329j:plain

 

 

子供のときに一度は絶対聞いたことのある"浦島太郎"

話の内容を忘れている方もいると思うので簡単におさらいしときます。

 

亀を助ける→竜宮城に行く→乙姫から玉手箱もらう→玉手箱開ける→ジジィになる

 

この流れに疑問を感じる方も少なくないと思います。
その疑問とは浦島太郎は亀を助けたのになぜジジィにされたのか?

 

昔話には必ず教訓が含まれているものですが、
浦島太郎には何の教訓も感じられません。

 

"浦島太郎 教訓 何"で検索すると29400件もヒットします。

 

f:id:wakahage_diary:20161030131901p:plain


みんなそれほど浦島太郎の物語に頭を悩まされているのです。

なので浦島太郎の教訓を私の偏見のみで考えてみました。

 

 

教訓1.変な女につかまると恩を仇で返される

 

浦島太郎の一番の教訓は悪い女につかまるとトンデモナイことになるということです。


現代に置き換えるとキャッチで紹介されたガールズバーに行ったらボッタクられたり、
メンヘラと付き合うとこちらの精神状態まで悪影響を及ぼすなど


付き合う女は見た目ではなく中身を見ろということです。
きっと浦島太郎の作者はそれを伝えたかったはずです。

 

教訓2.見知らぬ怪しいところには行くな

 

聞いたこともないところに行くと後で痛い目にあうという教訓も考えられます。


ネットにも載ってない個人経営の居酒屋に行って飯はマズイのに料金は高い


なんてことありますよね。


調子に乗って辺鄙なところに行くといいことなんて一つもないからやめとけ
って作者は言いたのでしょう

 

教訓3.手土産をもらうな

 

そもそも手土産さえもらわなければ浦島太郎は竜宮城から帰った後も無事に過ごせたのです。
手土産さえもらわなければ可愛い女の子とウハウハできた楽しい夜で終わったのに...

 

まとめ

 

玉手箱には相対性理論が関係してるのではないかという説がありますが、
そんなものはどうでもいいです。
浦島太郎はもっとわかりやすく子供達に教訓を伝えられるような内容になってほしいですね。
だって子供のときに浦島太郎を聞いても全く意味がわかりませんでしたから...