若ハゲ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒でタクシードライバーになるの人は馬鹿なの?

仕事論 色々な説

 

f:id:wakahage_diary:20161101232524j:plain

 

 

ネットサーフィンしてたらこんな記事を見つけました。

 

style.nikkei.com

 

どうやら大学を卒業してタクシードライバーになる若者が急増中らしい...


タクシードライバーというお仕事はとても立派ですし、わざわざ大学を卒業したのにタクシードライバーになるなんて...みたいなヤボなことを言うつもりはありません。

 

でも今タクシードライバーになった人達はおそらく定年まで働けないですよね。

だって自動運転ができちゃうもん。

 

まぁAIに仕事を代替されるのはタクシードライバーだけではありませんが、
AIに真っ先に仕事を奪われるのはタクシードライバーだと思います。

 

nownow-news.com

 

なのになぜわざわざタクシードライバーに就職するのか考えてみました。

 

内定を貰えたところで一番待遇がよかった

 

考えられる可能性で一番高いのが消去法で選んだ可能性です。
他の企業からも内定もらえたけどタクシードライバーが一番待遇がよかったから選んだパターンです。


第一志望でタクシードライバーを選んだ方は少数だと思います。
だって将来人工知能にとって代わられる職業を第一志望にする人は少ないはずです。

 

連休が取りやすいから就職した

 

タクシードライバーは隔日勤務があるので連休がとりやすいのが特徴的です。
パリピな若者急増中なので連休が取れるのは魅力的なのでしょう。

 

将来のことを考えていないタイプ

 

「将来タクシードライバーの仕事なくなるらしいけど〜、まぁ別にいいか!」


みたいに楽天的に考えている人が多いタイプ。
今が楽しければそれでいいという人ですね。

 


本当に好きならそれでいいと思う

 

本当にタクシードライバーになりたくて就職したならばそれは素晴らしいことだと思います。


将来自動運転でタクシードライバーをクビにされたとしても、自動運転に抵抗感を持つリテラシーの低い人向けに個人タクシーを開業する可能性もあります。


でも、とりあえずタクシードライバーに就職したという人はちょっと...どうかな...っていうのが正直な感想です。